応援ワッペンから始まった繋がり

応援ワッペンから始まった繋がり

応援ワッペンから始まった繋がり

福岡県の「ウイング刺繍」から贈られた、応援ワッペンで励まされたというお礼状を、医療安全室の丸山節子師長が出したことがきっかけとなり、読売新聞(奈良版)と福岡毎日放送局(rb)の取材を受け、感染防止対策の取り組みが、2020622日の朝刊の紙面と、2020623日に放送されました。

航空自衛隊の部隊ワッペンを手掛ける会社「ウイング刺繍」(福岡県)から当院に贈られたワッペン

今回のコロナ感染防止対策では、医療安全・感染防止対策委員会がリーダーシップを発揮し、職員全員が一丸となり取り組み、安全な医療の提供を行えたことは、今後の2波・3波に対しても十分に活かすことができる経験でした。              

8時から17時まで正面玄関におけるトリアージは、各部署より職員が輪番制で担当し、日頃患者さんと接する機会の少ない職員にとっても新鮮であり、顔を合わす程度の職員同士が、会話を交わす機会にもなり私自身も就職して、数十年で初めての貴重な経験をさせて頂いたと感じています。

看護部 小田和加 

一覧に戻る

メニュー ×

お問い合わせ  |  電話

採用情報

看護師
夜勤専従
訪問看護
看護助手

その他ページ

看護部の紹介
教育・研修制度
新人ナースの教育
先輩メッセージ
仕事場の様子
よくある質問
見学会・看護体験研修
お知らせ
サイトマップ