2019年度院内看護研究発表会を行いました

2019年度院内看護研究発表会を行いました

2019年度院内看護研究発表会を行いました

今年度は以下の6題のテーマに取り組み、それぞれ導き出した成果を発表することができました。
「現場の看護を良くしたい!」「患者さんにより良い看護を提供したい!」
そんな思いの伝わる発表内容でした。
           
令和2年1月18日(土曜日)

プログラム

座長  5階病棟 師長 廣藤玉貴


「A病院看護師が抱いている手術室のイメージについての意識調査」     
手術室 東浦沙織

「地域包括ケア病棟における看護師の退院支援に関する実態調査」
6階病棟師長 小田和加

「消化器外科病棟を対象としたストーマケアの実態調査」
4階病棟 市原美奈

「膝関節手術後の安静に対する医療看護支援ピクトグラムの有効性の検討」
5階病棟 西田いづみ

「アロママッサージを看護として実施している看護師の動機」
4階病棟 徳田洋実

「超高齢者の排尿ケアチームによる排尿自立指導の効果」
回復期リハビリテーション病棟 皮膚排泄ケア認定看護師 森田マリ子



プログラム

発表を終えての一言メッセージ

看護研究のプロセスは苦しみを伴いますが、それを乗り越えた人にしか味わえない達成感があります。
また、感関連文献を検索し読み解く力、何を明らかにするかという目的志向、自らの考えを根拠に基づき言語化する論理的思考が養われ、これらは日々の看護実践でも必ず役立つものと考えます。


研究発表が終わりではなく、院外の発表会に向けさらなる取り組みを継続します。また、研究結果は現場で患者さんに還元されてこそ意味を持ちます。その部分も看護研究委員会は支援していきたいと思います。

看護研究委員長  杉下薫

一覧に戻る

Menu
お知らせ 一覧はこちら
マイナビ看護学生

access

画像

画像

奈良県奈良市八条4丁目643番地
TEL:0742-36-1881(代)

メニュー ×

お問い合わせ  |  電話

採用情報

看護師
夜勤専従
訪問看護
看護助手

その他ページ

看護部の紹介
教育・研修制度
新人ナースの教育
先輩メッセージ
仕事場の様子
よくある質問
見学会・看護体験研修
お知らせ
サイトマップ