• HOME
  • 看護部の紹介
  • 教育・研修制度
  • 先輩メッセージ先輩メッセージ
  • 仕事場の様子仕事場の様子
  • 採用情報採用情報

仕事場の様子

仕事場の様子

素晴らしい看護部を紹介します

済生会奈良病院の仕事場の様子をご案内します。
下記にある、ご覧になりたい部署をクリックして下さい。

1F 外来部門

外来では、13の診療科があり、睡眠時無呼吸外来、乳腺外来、肛門外来、頭痛外来、皮膚排泄ケア認定看護師によるストーマ外来などの専門外来、医療チームによる糖尿病教室など、1年を通して行っています。また、地域の医療機関と連携をとり、速やかに診察が受けられるように、心がけています。私たち外来スタッフは、各科の専門性を発揮しながら、安全、安楽に治療が継続できるように、努めています。病院に来られた方との、一期一会を大切にし、患者さんに寄り添い、病院の顔として、信頼される外来看護を目指します。

画像
内科外来

社会的に特定健診、健康診査が推奨されています。当院でも生活習慣病をはじめとする慢性疾患をお持ちの方がたくさんいます。
些細なことでもご遠慮なく相談下さい。糖尿病教室も開催していますので、興味のある方はぜひご参加下さい。

外科外来

社会的に特定健診、健康診査が推奨されています。当院でも生活習慣病をはじめとする慢性疾患をお持ちの方がたくさんいます。
些細なことでもご遠慮なく相談下さい。糖尿病教室も開催していますので、興味のある方はぜひご参加下さい。

小児科外来
画像

西側の窓の飾りつけ風景 今月のテーマは梅雨

画像

子供さんに少しでも元気になってもらえるように 来月は何にしようかな??

眼科外来

高齢者の患者さんが多いため、転倒防止など安全を一番に考え、看護を行っています。

小児科外来

親と子の関係を大切にして日々の業務に取り組んでいます。

耳鼻科外来

目・鼻・のどでお困りの方は耳鼻科外来へどうぞ。

神経内科外来

訪問看護ステーションと連携しながら、在宅でも自分らしく1日を送れるように、医師と共にサポートしています。

婦人科外来

初めて受ける検査や病気には悩みがつきもので誰でも不安です。患者さんが女性だけであるため、プライバシーを守ることを最優先にし、リラックスして診察や検査を受けられるよう心がけています。

放射線科外来・内視鏡室

内視鏡室では、経鼻・経口・カプセル内視鏡、大腸内視鏡、気管支鏡など多くの検査に取り組んでいます。
私たち看護師は、患者さんの緊張と苦痛をできるだけ和らぐように努めています。

外来化学療法室

抗がん剤治療を受ける患者さんが、自分らしい生活を送りながら治療が継続できるように心をこめて支援を行っています。

2F 人工透析室

透析室では、ご自宅や施設から通院して頂く外来透析をはじめ、入院治療が必要な患者様への透析治療、各種血液浄化を行っています。医師、看護師、臨床工学技士が、協力し『安心、安全、安楽な透析治療』を、提供できるよう日々、努めています。透析療法指導看護師2名、透析技術認定士4名が在籍しています。自己研鑽にも意欲的で学会発表なども行っています。また、患者さん向けの学習会を定期的に開催し、透析治療をされている方へサポートを行っています。
私たちは、患者さんに「この病院をえらんでよかった」と思ってもらえる看護を大切にしています。

画像
画像

透析治療の様子です 患者さんに寄り添った治療を行います

画像

透析室からの眺めは四季を感じられ最高です

2F 中央手術室

スポーツ整形、膝を中心とした整形外科手術、消化器、肛門、乳腺を中心とした外科手術、白内障の眼科手術、泌尿器科一般手術を、年間約1000件行っています。全身麻酔、腰椎麻酔の手術を受けられる患者さんには、安心して手術を受けていただけるように、看護師が病棟に手術前に訪問に伺っています。看護師は、患者さんの手術に挑む決意、心の中にある不安など、心理状態を確認しながら説明を行っています。手術室の中で一番近い存在として、患者さんに寄り添い支援をしていきたいと思っています。

画像


手術の準備


手術が始まりました

3F 地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟は、地域・在宅・急性期をつなぐ病棟として、「心ある看護」を提供しています。
入院患者さんは
・退院までもう少し!リハビリ訓練で自信をつけたい方。
・糖尿病の血糖コントロールを学びに来られる方。
・眼科・白内障の手術、泌尿器科・尿管結石などの短期入院される方
等様々な方が来られます。
ナースステーションは明るく開放的、整理整頓がされ、気持ちの良い環境の中で働いています。
特に、他職種連携が重要な病棟となりますので、看護師・理学療法士・医療ソーシャルワーカー等 揃って毎朝のカンファレンスを行います。

画像

3階の東側が地域包括ケア病棟です。

画像

手芸の得意なスタッフの作品。今年はとり年。

画像

スタッフステーション 整理整頓!

画像

カンファレンスの様子
看護学校の学生も受持ち患者さんの情報共有で参加しています。


患者さんもつい居眠りをしてしまうほど、南側の窓からはたっぷりの日差しが入りこみます 患者さんの作品


しっかりとリハビリ訓練をした後は・・ベッドで休憩・雑誌をみたり・ぬり絵をしたり・音楽を聞きながら・・


糖尿病の教育入院では映像やパンフレットでサポート

画像

退院準備として、ご自宅の家屋調査・手すりの設置のアドバイスも行います

 

4F 外科・小児科・内科病棟

手術や化学療法、終末期看護、褥瘡ケア、小児看護など、0歳~100歳以上の方までを対象にしています。『より良い看護』を提供できるよう、医師、看護師、認定看護師、他職種との連携を密にとり、カンファレンスを行っています。お互いの看護観を尊重し、患者さんとのコミュニケーションはかり、患者さんやご家族に寄り添える看護を大切にしています。

画像
画像

クリスマスには先生がサンタクロース!

画像

入院中の子供たちも喜んでくれました

画像

患者さんの情報は看護記録へ

画像

新しい医療用具の説明中 しっかり習得


体を拭きながら観察

5F 整形外科・眼科・内科病棟

安全で安心できる看護を提供するために、新人看護師からベテラン看護師まで、日々切磋琢磨しながら、頑張っています。整形外科は膝を中心とした手術が多く、幅広い年齢層の患者さんが入院されています。スムーズに手術を受けて頂けるように、看護師は知識・技術の習得に取り組んでいます。入院中に体重コントロール(ダイエット)を目指される整形外科の患者さんには、栄養士、理学療法士、看護師、医師のサポートチームで、支援を行っています。

画像
画像

5階から見える南側風景 JR大和路線と田園風景

画像

北側風景 佐保川のさくら並木が続きます

画像

整形外科部長はスポーツ専門医

画像

ホッと一息 ランチタイム

画像

入浴できない方には洗髪を・・・

画像

整形外科回診では清潔操作を徹底します

6F 内科・神経内科病棟

呼吸器疾患、慢性期疾患、ガン、検査入院では、内視鏡検査を受ける患者さんが、入院されています。慢性疾患や終末期の患者さんや、高齢者の方が多く入院されており、チームで認知症看護、緩和ケア、家族ケア、在宅支援についても積極的に行っています。カンファレンスでは情報の共有と、専門的な知識の習得、せん妄、認知症についての学習会も開催し、がんばっています。


一年かけて認知症について学習しました。研修で学んだ事をスタッフへ伝えています。
緊張しましたが、先輩のサポートもあり今日の伝達は終了…!

画像

認知症対応能力を高めるため、可視化できるよう作成しました。勉強会のあとも大事なポイントを皆で共有しています。

画像

ハンドマッサージ中です。「気持ちいいよ~!」

画像

さあ確認・確認! お薬を配薬します。

画像

休憩しましょうね。ベッドへ戻りましょう!

7F 回復期リハビリテーション病棟

チームで支えるリハビリ力!!をモットーに「寝たきり防止」「日常生活動作の向上」「自宅・地域に復帰」を支援します。365日リハビリテーション!!患者さんが、その人らしく生き生きとした生活への、可能性を追求します。医師、看護師、理学療法士、ヘルパー、医療相談員チームを組んで、患者さんが元の生活に復帰できるように、取り組んでいます。もちろん患者さん、ご家族もチームの一員です。共に頑張りましょう。


朝のカンファレンス さあ今日も1日が始まります!!

画像

リハビリ室で今日も頑張りましょう
担当の理学療法士が送迎します

画像

患者さんの願いを込めた短冊を心をこめて飾ります

画像
画像

PAGE TOP