• HOME
  • 看護部の紹介
  • 教育・研修制度
  • 先輩メッセージ先輩メッセージ
  • 仕事場の様子仕事場の様子
  • 採用情報採用情報

看護部の紹介

看護部の紹介

看護部長のメッセージ

「心ある医療」を実践し、地域の医療・福祉に貢献する

看護部長・認定看護管理者福井 智賀子

画像

済生会奈良病院は、急性期一般病棟と、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、院外には訪問看護ステーション野の花がある地域密着型の病院です。今後は更に地域包括ケアシステムにおいて地域で中心的な役割が増えると考えています。

病院の理念にある『心ある医療』を実現するため、『こころと心をつなぐ』をキャッチフレーズで、職員個々がお互いを認め合い、こころを一つにして、患者さんに寄り添い『こころ』を通わせたケアが提供できるように努めています。
私は看護職員には、相手を思いやる心、親切であること、優しく温かい、人間としての成長ができる人であって欲しいと思ってます。
現在当院では、お互い助け合い精神を持ち応援機能を使って、外来や中央部門からの病棟応援や病棟から外来・手術室への応援などを実施しています。
若い力(新卒看護師)も増えてきて職場の活気も見られ、笑顔があふれています。
教育には特に力を入れ、今年度から学研ナーシングサポートを取り入れ、看護職が全員勉強できる環境が整ったと思います。新人教育にも力を入れて、特に一人一人に合った教育・指導・相談体制が整っていると思います。 看護の質向上において欠かせない存在である認定看護師は、現在3専門領域(緩和ケア看護・皮膚排泄ケア看護・がん化学療法看護)にて、院内外で活躍しています。当院は認定看護師への道を支援できる体制もあります。

私たちが大切にしていること

  • 看護師として技を磨く・感性を磨く・心を磨く(看護師は心・知・技が大切ですね)
  • 相手を気遣う、思いやる心がある
    (相手を良く観察する事や、相手を理解することができる事は看護に通じるよね)
  • 組織の一員としての役割を理解する
    (医療・看護はチームワークが重要です。病院組織人としての役割を身につけよう)
  • 笑顔が素敵な看護師になろう
    (あなたの笑顔で患者さんが癒される、ホッとする、勇気づけられる事って素敵)
  • 仕事は楽しく休暇も充実(仕事は真摯に目標を持って、仕事以外の生活も楽しもう)
  • 看護の専門性を高めよう(常に新しい知識を入れながら自己研さんに努めよう)
  • 職員一人一人を大切に(私も大切、あなたも大切の精神)
  • コミュニケーションは十分に(言葉で相手に伝えましょう、思い込みは事故のもと)

看護部の理念・目標

看護部スローガン

わたしも大切 あなたも大切 みんなの力

看護部の理念

  • 私たち看護師は、あらゆる人々の人格を尊重し、患者さん中心の看護を実践します。
  • 私たち看護師は、患者さんの生きること、また、死について学び生命の尊厳を守ります。
  • 私たち看護師は、患者さんの権利を守り安全な看護を実践します。
  • 私たち看護師は、他部門の職員と協働し地域住民の健康と福祉に貢献します。
  • 私たち看護師は、質の高い看護を実践するため、自己研鑽に努めます。

平成29年度 
看護部の目標

      • 患者さんを大切に思い、安全安心な看護を提供する
      • 入院から在宅を見据えた看護を実践する
        1.患者さん一人ひとりに適した看護を展開する為に、実践能力を高める
        2.患者さんの意思決定支援を多職種と連携して行う
      • 働きやすい職場環境づくり
        1.WLB導入
        2.業務改善を図る
        3.応援機能の発揮
      • 病院理念を理解し、組織人としての使命を果たす
        1.帰属意識を高める
        2.地域活動に参加する

看護部の年間行事

4月
  • 新規採用者研修
  • 済生会支部研修
  • 看護部自治会(なでしこ会)新人歓迎会
画像
画像
5月
  • 看護の日 イベント参加

5月18日「看護の日」のイベントを開催!防災に役立つアイデア紹介と防災グッズの紹介等などをしました。「バルンアート」で皆で楽しみました!

  • 健康相談・ナラッシーの歌と写真撮影会・新人看護師による「心に残った看護体験」発表・終活コーナー
画像
画像
6月
  • 互助会(演劇の観劇、旅行、食事会など)
画像
7月
  • ソフトボール大会(ソフトボールチーム)
画像
画像
10月
  • 市民公開講座ポスター展
11月
  • なでしこ会秋のお食事会
6月
  • 互助会忘年会(食事会)
画像
2月
  • 全国済生会学会
  • 看護研究発表会
教育・研修制度
先輩メッセージ

PAGE TOP