• HOME
  • 看護部の紹介
  • 教育・研修制度
  • 先輩メッセージ先輩メッセージ
  • 仕事場の様子仕事場の様子
  • 採用情報採用情報

新人看護教育

新人看護教育

教育委員長のメッセージ

はじめまして、看護部教育委員長の小田です。
当院の教育理念は、「学んだことが看護実践に活かされ、患者さんやその家族に喜ばれる看護ができる、看護師の育成」です。
集合教育では、実践に活かすことができるように、演習を多く取り入れ、現場では、プリセプター・実地指導者・教育担当者・チームメンバーが、実践のサポートを行っています。
毎年、リフレッシュ研修として外部講師による研修も好評です。
今年度から、学研ナーシングサポート・インターネット配信による学習を導入しました。
見学などお気軽にお越しください。

画像

教育委員長・病棟師長 小田 和加

新人看護教育制度について

済生会奈良病院は新人看護職員研修ガイドラインを基に、「新人看護師が育つ」教育環境を作っています。新人看護師が1年間で習得してほしい看護技術・知識の研修を教育委員会主催の集合教育に組み込んでいます。
現場教育では実地指導者が中心となり、OJT年間計画表に沿って新人看護師一人ひとりに合わせた教育展開を行っています。

また、新人看護師のメンタルサポートとしてプリセプター制度を取り入れています。

画像

新人看護教育日程について

新人研修では、4月上旬での集中的な研修で実際の現場で必要な知識・技術の習得ができるようになっています

ローテーション研修を取り入れ、所属部署では経験や見学できないことを学ぶのと同時に他部門との連携を知ることを目的にしています。

到達レベル

日常生活援助の基本的技術を安全に実施できる
チームメンバーの役割と責任を果たすことができる
生涯学習者としての自覚が芽生える

新人看護職員到達度 チェックリスト

看護師として必要な基本姿勢と態度・管理的側面についての到達度チェックリスト、看護技術到達度チェックリスト、一人前の看護師になるために年3回チェックしています。

新人看護教育 公開研修について

済生会奈良病院看護部教育委員会では、地域の診療所や病院で働く新人看護師さんのために平成23年度より、一部の新人看護教育研修について公開研修とする事になりました。
「もう少しスキルアップしたい!」「新しい知識を吸収したい!」という方の参加をお待ちしています!

公開研修の特徴

生体モデルや、実際に病院で使用している機器や物品を用いますので、実践に近い形で学べます。
講師は「薬剤師・臨床工学・技士・理学療法士・師長・主任・認定看護師・先輩看護師」などが担当しますので専門的な知識が身に付きます。
実習形式となるものは、丁寧かつ親切にお教えします。

対象となる研修以外で興味のある項目や研修があれば、募集検討いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

申し込み・受講について
開催日・研修対象 スケジュール表にて以下のアイコンがある研修が対象です。
公開研修
募集人数は若干名です。 スケジュール表をご確認下さい。
申し込み先 済生会奈良病院 看護部長室
TEL:0742-36-1881
FAX:0742-36-1880
メールでのお問い合わせは こちら
受講料 無料
4月

オリエンテーション

  • 入職時オリエンテーション(4月1日・4月2日)
  • 奈良県済生会支部オリエンテーション

研修1公開研修

活動・休息援助技術/情報管理/安全確保の技術

【担当】
看護師長、理学療法士長、医療安全室長

【内容】
「移乗、移送介助」
「看護記録とは」

「重症度、医療、看護必要度とは」

画像
画像

研修2

食事援助技術/清潔・衣生活援助技術/呼吸・循環を整える技術

【担当】
各認定看護師、管理栄養士、看護主任

【内容】
「食事介助・経管栄養法」
「栄養補助食品・ソフト食について」
「口腔ケア」
「酸素吸入・吸引について」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
モデルを使って正しい技術を習得しました。

モデルを使って正しい技術を習得しました。

管理栄養士さんから栄養について学びます

 

研修3※公開研修

活動・休息援助技術/与薬の技術/褥瘡管理技術

【担当】
認定看護師、看護師長、看護主任

【内容】
「※褥瘡予防」
「※体位変換・ポジショニング」
「与薬:CVポート、注射、採血、経口与薬、点眼、座薬」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
画像

研修4※公開研修

与薬の技術

【担当】
看護主任

【内容】
「静脈注射、末梢血管確保」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
口腔ケアでは、口の中を他人に見られるのは恥ずかしくて抵抗がありました。患者さんの思いも同じだと思いました

点滴セットの取り付け方法も練習します

研修5※公開研修

【担当】
皮膚排泄ケア認定看護師、看護主任、実地指導者

【内容】
「※スキンケア」
「※陰部洗浄」
「標準予防策」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
口腔ケアでは、口の中を他人に見られるのは恥ずかしくて抵抗がありました。患者さんの思いも同じだと思いました
5月

研修6※公開研修

排泄援助技術/症状・生体機能管理の技術/与薬の技術/リフレッシュ研修

【担当】
皮膚排泄ケア認定看護師、臨床工学技士、薬剤師、外部講師

【内容】
「※摘便・浣腸・おむつ交換」
「コミュニケーション演習」
「血糖測定器の取り扱いについて」
「インスリン製剤について」

画像
6月

研修7※公開研修

排泄の援助技術/与薬の技術

【担当】
皮膚排泄ケア認定看護師、臨床工学技士

【内容】
「※導尿・膀胱留置カテーテル」
「輸液ポンプの取り扱いについて」
「シリンジポンプの取り扱いについて」

画像
画像
画像

シリンジポンプも手順に沿って実施します。

 
7月

研修8※公開研修

活動・休息援助技術

【担当】
看護主任、実施指導者

【内容】
「夜勤業務の心得」
「多重業務課題:シミュレーション研修」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
口腔ケアでは、口の中を他人に見られるのは恥ずかしくて抵抗がありました。患者さんの思いも同じだと思いました
8月

研修9※公開研修

救命救急処置技術

【担当】
看護主任、ACLS資格取得看護師

【内容】
「※救急看護について」

画像

心肺停止の患者対応のシミュレーション

画像

胸骨圧迫の練習です

画像
 
9月

研修10

活動・休息援助技術

【担当】
看護主任、実施指導者

【内容】
「夜勤業務の心得」
「多重業務課題:シミュレーション研修」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
口腔ケアでは、口の中を他人に見られるのは恥ずかしくて抵抗がありました。患者さんの思いも同じだと思いました
10月

メンタルサポート

メンタルサポート

【担当】
副看護部長

【内容】
「個人面談で学習や業務進歩状況についての相談、精神的フォロー、アドバイスを実施」

研修11

与薬の技術

【担当】
緩和ケア認定看護師、看護主任

【内容】
「麻薬の取り扱いについて」
「輸血の取り扱いについて」

11月

研修12※公開研修

死亡時のケアに関する技術

【担当】
緩和ケア認定看護師

【内容】
「※エンゼルケア」

エンゼルケアの指導を受けています
エンゼルメイクの演習中です
12月

研修13

安全確保の技術

【担当】
がん化学療法認定看護師

【内容】
「抗がん剤治療の基礎」

1月

研修14※公開研修

呼吸・循環を整える技術

【担当】
臨床工学技士

【内容】
「新人にもわかる人工呼吸器」

画像
2月

研修15

コミュニケーション演習

【担当】
外部講師

【内容】
「コミュニケーション演習」

モデルを使って正しい技術を習得しました。
口腔ケアでは、口の中を他人に見られるのは恥ずかしくて抵抗がありました。患者さんの思いも同じだと思いました
3月

研修16

フォローアップ

【担当】
教育委員会主催

【内容】
「看護をして嬉しかったこと」発表
先輩や指導者の前で心に残った看護の体験を発表。
先輩からは、成長した新人に向けて、応援や成長のコメントが送られました。
2年目に向けて頑張ってくださいね。

画像

全員そろって記念写真です

画像

レベルⅠ終了書が授与されました


画像

お世話になった感謝の気持ちをメッセージに込めました。

その他、各種研修は こちら

新人ナースの教育

PAGE TOP